Bassoonist Yoshie Mizumoto's Website.

Bassoonist Yoshie Mizumoto's Website.

リード糸のコーティング

リュミエの自主公演、チケット取置予約開始しました。よろしくお願いします。個人的には問い合わせの電話応対と楽器紹介でしゃべるのが若干の苦痛です。どうしよう、喉から心臓出ちゃったら!さて、リードのお話です。私はリード糸のコーティング用に「エテュセ ジェルトップコート」
を使っています。これはジェルネイル風にぷっくりつやつやになるというのが売りのトップコートで、元々個人的に爪用として使っていたのですが、リード用の透明接着剤にイマイチ納得いっていなかったある日、これを糸に塗ってみたところとっても仕上がりがよく、気に入ってしまいました。2度塗りで適度に層ができて、つるんとした触り心地で仕上がりも綺麗で…。ただ、糸によっては亀裂が入りまくってボロボロになってしまう、つまり糸を選ぶ点(ラメ無しの化繊との相性が良い)と、とにかく値段が高い(1個1000円ぐらい)ことで、いくら仕上がりの綺麗さが気に入っているとはいえ、そろそろ他のものを探そうかなという気になってきました。というわけで買ってみたのが、同系統(ジェルネイル風に仕上がるトップコート)の中から「キャンメイク ジェルボリュームトップコート」
「グロッシートップコート」
 「ウィンマックス ジェルルックトップコート」(ダイソーのやつ。写真がない…)を買ってみました。値段は忘れたんだけど全部エテュセよりは確実に安い。個人的にはダイソーのが当たれば今後助かるなーなんて思い、期待しながらのお試しです。ちょうど糸巻きをする予定のプッペが6つあったので、それぞれ2本ずつ、2度塗りしてみました。結果は↓
わかりにくいね。キャンメイク
グロッシー
ウィンマックス
3つは大差ないというか、全部エテュセに比べたら液がさらっとしていて浸透が早く、厚みとかは全然でした。2度塗りでも触って糸の繊維が分かる感じ。これでも十分だと思いますし、むしろこれ以上コートするとリードが重くなる可能性もあるので好みかとは思いますが…。ただ、ジェルネイル風をうたうトップコートは重ね塗りを繰り返すとそれなりに厚みが出てくるので、この子たちも2度とは言わず3度4度ぐらいやるとそこそこになるのかもしれません。個人的にはグロッシートップコートがいい仕事するのではないかと期待していたのですが、全然でした。むしろ一番盛れてない気がする…ちなみにエテュセはこんな感じ。
でもこれ、液が劣化しかけてたやつを塗ったのであんまり良くない…。それでも糸玉部分の網目もしっかり埋まった状態でコートできてます。というわけでどれもエテュセとは程遠い感じになったのですが、どれも大差ないことを考えたらコスパ面でダイソーのウィンマックスが一番良い気がしました。キャンメイクとグロッシーは出来心で爪にも塗ってみたけど、キャンメイクの方が早く乾いたよ。でも厚みは出ないですね、ツヤは出るけど。糸も同じ感じですね。というわけで、参考になれば。


Bassoonist Yoshie Mizumoto's Website.

Bassoonist Yoshie Mizumoto's Website.

0コメント

  • 1000 / 1000